カッターナイフの正しい使い方

私たちは、刃物の本質を見極め、
より安全で高性能なカッターナイフをお届けするよう
努力を重ねています。

ただ刃物ですので、お客さまにおかれましても、
安全に正しくお使いいただくため、
以下のような点にご注意いただきますよう
お願い申し上げます。

  • 用途に合っていますか?

    オルファのカッターナイフには小・中・大・特大H型などがあります。小型タイプでベニヤ板などは切らないでください。
  • 刃を長く出していませんか?

    刃を長く出して使うと折れることがあり危険です。刃は1ピッチ以上出さずにお使いください。
  • 刃こぼれなどしていませんか?

    よく切れる刃を使うと無理な力が要らないので、安全性が高く、しかもきれいに仕上がります。
    切れなくなってきたと感じたら刃を折って、新しい刃先を使ってください。
  • 支える手の位置は危なくないですか?

    材料を支える手の位置に注意してください。刃の進む先に手を置くと、勢いあまった時に危険です。
  • 刃を折るときは…

    古くなった刃先はペンチや専用工具で折るのが安全です。折った刃は地方自治体の指示に従って廃棄してください。
  • 定規は薄いものを使っていませんか?

    定規を添えて使う際、薄い金属定規などを使うと、刃が乗り上げたりして危険です。
    厚みのある定規の、背の側に刃を当ててお使いください。
  • まわりは整理整頓されていますか?

    切りくず、道具、材料などを散らかしたところで作業していませんか?思わぬケガをすることがありますのでキレイにしましょう。
  • 集中できる環境ですか?

    刃物を扱うときは慎重に、集中してください。ひどく疲れている時や、あわててお使いになると、ケガのもととなります。
  • 保管場所は安全なところですか?

    使ったあとは刃を納め、幼児の手の届かないところに置いてください。保管場所を決めておくことも大切です。
  • お子様は正しく刃物を使えてますか?

    お子様には正しく使えるように教えてあげてください。大切な手の勉強、頭の訓練となります。