総合カタログ(2021年)デジタル版はこちら

OLFA ONLINE STORE

NEWSお知らせ

21.11.15

たわみにくい0.38mm厚刃を装着した 内装プロ用カッター「特専ロング038」を新発売!

オルファ株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役:岡田真一)は、2022118()、内装プロ用シリーズの新商品「特専ロング038」、専用替刃の「特専黒刃ロング038」を発売いたします。

 オルファの内装プロ用シリーズは、1995年の発売開始以来、壁紙の施工などの内装作業を行う多くの職人の皆様に支持されてきました。これまでに、新商品と同タイプでは厚み0.2mm0.3mmの超極薄刃を展開してきましたが、しっかりとコシがあり、たわみにくい厚めのロング刃を求める声を多くいただいていたことから、新商品の発売に至りました。

 「特専ロング038」および「特専黒刃ロング038」は、新しい刃先が21回使えてお得なロング刃で、刃厚はロング刃の中で最も厚い0.38mmとなっています。刃にコシがあるため、たわみにくく、カット時のブレも少ないため、さらに安定したカットを求める方におすすめの商品となっております。

 

製品特長

―コシがあり、たわみにくい刃
本体に装着されている「特専黒刃ロング038」は、厚みが0.38mmでしっかりとコシがあり、たわみにくい刃です。使用に慣れが必要な超極薄刃に比べ扱いやすく、より多くの人にとって使いやすい刃となっています。

 

―鋭い切れ味の特専黒刃
通常刃よりも鋭角に研磨を施すことで切れ味を高めた特専黒刃です。切れ味が悪いと壁紙の断面がガタつきやすく、壁紙の剥がれやヨレの原因となりますが、切れ味のよい鋭角研磨の特専黒刃では、より美しい仕上がりが期待できます。

 

―新しい刃先が21回使えてお得なロング刃
刃を折って新しい刃先を使える回数は、通常の小型刃が13回であるのに対しロング刃は21回。切れ味のよさが特に求められる壁紙のカット時には、刃を折る頻度が非常に高くなりますが、ロング刃を使用することで刃を交換する手間を少なくでき、より効率的でスムーズな作業が期待できます。

 

―内装現場での使用に適した本体設計
ステンレスホルダーは全面焼き入れ加工で強度が高く、本体の裏側には滑り止めのゴム付き。ワンタッチでしっかりとロックできるオートロック式で、これまでの内装プロ用カッターナイフと変わらない使いやすさとなっています。

 

製品概要

品番:241B
品名:特専ロング038
メーカー希望小売価格:オープン
発売予定日:2022118()
本体寸法:全長160.7mm×全幅16.5mm×厚さ14.2mm
重量:29g

 

品名:BBLT50K
品番:特専黒刃ロング03850枚入プラケース)
メーカー希望小売価格:オープン
発売予定日:2022118()
本体寸法:(刃)全長115.3mm×全幅9mm×厚さ0.38mm/(ケース)全長126mm×全幅19.3mm×厚さ18.5mm
重量:150.5g(ケース+刃50枚)

「特専黒刃ロング038」は、「特専ロング038」専用替刃です。同シリーズの「特専ロング」および「特専ツメ付きロング」には装着できません。

製品ページはこちら(動画も観られます):https://www.olfa.co.jp/products/4634.html

 

会社概要

オルファ株式会社
業種:刃物手道具の製造販売
代表者名:代表取締役 岡田真一
設立日:1967年(昭和42年)68
本社所在地:大阪市東成区東中本2-11-8

 

このプレスリリースに関してのお問い合わせはこちら

オルファ株式会社 営業企画本部 営業企画グループ
537-0021 大阪府大阪市東成区東中本2-11-8
TEL:06-6972-8105(平日9:0012:00, 13:0017:30

 

【プレスリリースのダウンロードはこちら】